FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

1958年製 オメガ 30mmキャリバー Cal.267

1958年製の名機30mmキャリバーを搭載した、オメガのスモールセコンド・モデルです。

267omega01.jpg

オメガ(OMEGA)の30mmキャリバーは、ムーブメントの径が30mmであるところから、通称30ミリキャリバーと呼ばれています。
30mmキャリバーの歴史は、1939年初出のCal.30に始まります。その後、改良が加えられCal.30 T2、Cal.30 T3、、と進化していき、最終的にはCal.30 T6まで改良が重ねられ1969年まで生産されていました。
本機Cal.267はCal.30 T4になり、オメガ特有のピンクゴールドめっきが施され、2番車の上下にまでルビーの穴石を配し、テンプには耐震装置インカブロックを採用しています。

30mmキャリバーは何と言っても、オメガが天文台クロノメーターに挑戦したキャリバーであることで有名です。
天文台クロノメーターとは、クオーツ時計の登場する以前に、スイスのジュネーブとニューシャテルの両天文台において毎年開催されていた、機械式時計の精度を競う過酷なコンクールのことです。検査項目には姿勢差や温度差等さまざまな項目があり、45日間もの期間に渡り時計の精度を競うものでした。
その天文台クロノメーターにオメガは、腕時計部門の最大径である30mmキャリバーを出展し、常に上位に入賞していました。
もちろん出展用の時計は特別に調整されたものでしたが、市販品の30mmキャリバーも基本設計はコンクール用と変わらぬ優れたものでした。シンプルな構造で安定しており、大きなテンプの採用で慣性モーメントが大きく、パーツの作りの良さで耐久性もあるキャリバーです。

267omega05.jpg

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

ヴィンテージ(アンティーク)時計

スポンサーサイト
2012/06/28 (Thu) 21:31 |オメガ |トラックバック(0) |コメント(0)

1940年代 ウィットナー 軍用モデル スモールセコンド

1940年代のスモールセコンドの軍用モデル、メーカーはウィットナー(WITTNAUER)です。

10twittnauer01.jpg

文字盤が年季が入っていていい感じです。インデックスの内側に24時間表示が入っているところが軍用です。
針は夜光入りのバトンハンドですが、先端に行くほどわずかに太くなっています。細かいところですが、表情に変化を与えています。

10twittnauer05.jpg

ムーブメントはチラネジ付きのブレゲヒゲで、やはり軍用時計はムーブメントもいいです。ムーブメントも年季が入っていていい感じです。
3番車、4番車、ガンギ車の「受け(歯車を支えているブリッジのこと)」が独立しているように見えますが、実は一体の「受け」です。細かい装飾を施しています。

10twittnauer09.jpg

裏蓋には「WITTNAUER WATCH Co INC. SWISS」の刻印があります。

普段使いにいかがでしょうか。

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

ヴィンテージ(アンティーク)時計

2012/06/20 (Wed) 23:18 |軍用時計 |トラックバック(0) |コメント(0)

1950年代 グリュエン VERI-THIN

アメリカの老舗時計メーカー・グリュエン(GRUEN)のベリシン(VERI-THIN)というモデルです。

415gruen01.jpg

グリュエンは、ドイツ生まれのアメリカ人ディートリッヒ・グリュエン(Dietrich Gruen)により1874年にオハイオ州コロンバスに創業されました。当初より、ムーブメントはスイス製を採用し、ケース製造・組立はアメリカで行い、主にアメリカ市場に向け販売していました。

本品VERI-THINの初出は1900年初頭で、このモデルを境にグリュエンは独自の方向性を模索し始めます。
グリュエンの時計の魅力は、そのケースデザインにあります。角型ケースやトノーケース、その他様々なデザインのものがあり、そのどれもにグリュエンの独創性を感じることができます。最も有名なモデルは「カーベックス(CURVEX)」というモデルで、腕にピッタリフィットするようケースが湾曲し、それに合わせてムーブメント自体も湾曲したものを搭載しています。

415gruen06.jpg

本品は、そのグリュエンのある意味スタート地点とも言えるVERI-THINの、1950年代に製造されたものになります。正面から見るとシンプルな角型ですが、上の画像のようにケースを横から見ると、風防が湾曲していて、ラグもそれに合わせるかのようにティアドロップ型をした独特のデザインです。
ブレゲ数字のインデックスに四角いスモールセコンドも魅力です。

415gruen09.jpg

グリュエン・オリジナルのノスタルジックな箱が付いています。

415gruen05.jpg

ムーブメントはスイス製ですので「GRUEN WATCH Co SWISS」の刻印があります。チラネジ付きテンプにブレゲ巻上げヒゲを採用した高品質なものです。

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

ヴィンテージ(アンティーク)時計

2012/06/18 (Mon) 20:25 |グリュエン |トラックバック(0) |コメント(0)

1960年代 ハミルトン estoril 自動巻き・デイト

1960年代のハミルトンのestorilという自動巻きモデルです。

64ahamilton01.jpg

ケースは10金の金張り、裏蓋はステンレススチールです。
金張り(Gold Filled)と金めっき(Gold Plated)は違います。金めっきは主に電気分解により金をミクロン単位の皮膜にしたもので、擦れることにより剥がれやすいです。一方、金張りは地金に金箔を貼り付けたもので、金めっきとは厚みが全く違い、金張りの方が格段に厚いです。そのため金張りは少々擦れたくらいでは剥がれません。

64ahamilton08.jpg

ハミルトンというメーカーは、アメリカのメーカーで、1892年にペンシルバニア州ランカスターに創設されました。当初から、アメリカの鉄道の発達と共に発展していきました。鉄道が発達すると、その運行のために正確な時計が求められたからです。当時はまだ懐中時計でした。

その後ハミルトンは、鉄道時計で培った技術をもとに、1910年代から腕時計を製造します。

本機は、ハミルトンが腕時計の発展の頂点にあたる1960年代に製造した時計になります。デイト表示を備え、自動巻きで巻上げる、スクリューバックの防水時計です。現在では当たり前の機能ですが、1960年代当時は最先端です。

64ahamilton05.jpg

ムーブメントも60年代を象徴しています。テンプはチラネジの無いスムーステンプになり(製造精度の向上によりチラネジの必要がなくなったからです)、キフショックという耐震装置が付き、2つの切替車で巻上げる近代的なオートマローターが付いています。

貴重な逸品をヤフーオークションに出品中です!

1960年代 ヴィンテージ ハミルトン estoril OH済み 1年保証!

2012/06/17 (Sun) 20:17 |ハミルトン |トラックバック(0) |コメント(0)

1940年代 ロンジン クロノグラフ懐中時計 Cal.18.72

ヴィンテージ・クロノグラフ最高峰のロンジンのクロノグラフ懐中時計です。

1872longines01.jpg

文字盤はポーセリン(陶製)ですので経年変化が無く、素晴らしいコンディションです。クラック(ヒビ割れ)もありません。
針は全てブルースチール(炭素鋼の素材に青焼き処理を施したもの)で、時分針はブレゲ針(時計の進化を2世紀早めた天才アブラアン・ルイ・ブレゲが考案した時分針の形状)と呼ばれる形状で、趣きがあります。インデックスの数字も、ブレゲが考案したブレゲ数字という書体です。

1872longines05.jpg

本品は何と言ってもムーブメントが素晴らしいです。

ロンジンの懐中クロノグラフ・キャリバーの開発は、1878年のCal.20Hに始まり、その後19CH→19.73→18.89→名機19.73N→18.72と進化していきます。そのため本機Cal.18.72はロンジンの懐中クロノグラフの完成形と言えるものです。
(ちなみにキャリバーの最初の数字はムーブメントの大きさ(径)を表しています。スイスではムーブメントの径をリーニュ(Ligne)(1Ligne=1/12inches≒2.25mm)という単位で表し、Cal.19.73Nは19リーニュ(43.15mm)の径になります。)

一方、腕時計用のクロノグラフ・キャリバーは、1913年初出のCal.13.33Z→13ZN→30CHと進化していきます。本機Cal.18.72は1929年初出で、時期的には13.33Zと13ZNの間の、ロンジンがまさにクロノグラフ開発に熱を入れている時期になります。

本機Cal.18.72は、基本設計はCal.19.73Nに同じですが、大きな変更点は、2つあったクロノグラフ・ハンマー(リセットを行うパーツ)が一体となり、メカニズムが簡素になり機能的にも向上している点です。

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

ヴィンテージ(アンティーク)時計

2012/06/08 (Fri) 14:11 |懐中時計 |トラックバック(0) |コメント(0)

1961年製 オメガ シーマスター センターセコンド Cal.520

1961年製のオメガ・シーマスター、手巻き・センターセコンド・モデルです。

520seamaster01.jpg

オメガ(OMEGA)の歴史は、1848年に23歳のルイ・ブランがスイスのラ・ショー・ド・フォンに時計の組立て工場を設立したことに始まります。その後、会社をビエンヌに移し、1889年には従業員数600人のスイス最大の時計メーカーになります。

その後、数多くのヒット作を世に放ち、常に世界のトップメーカーに君臨し続けています。

本品シーマスターは、1948年初出で現在でも生産が続く、ヒット作の中でも一番のロングセラー・モデルでしょう。

520seamaster08.jpg

裏蓋には、シーマスターの「シーホース」が深く刻まれています。

ヴィンテージ・オメガは、ムーブメントのシリアル・ナンバーからその製造年が分かり、本品は1961年に作られた手巻きのシーマスターで、ケースはステンレススチールのワンピース・ケースになります。
ワンピース・ケースとは、防水性を高めるために裏蓋とミドルケースが一体となったケースのことで、ムーブメントを取り出す時は文字盤側から取り出します。

520seamaster05.jpg

ムーブメントは完成度の高いCal.520で、「出車式」(3番車にブリッジの上に出た歯車が付く方式)のセンターセコンド・キャリバーになります。秒針は、出車から力をもらったセンターに位置する「秒カナ」に付きます。
テンプにはチラネジが付き、スワンネックが付いているところから高級仕様であることが分かります。

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

ヴィンテージ(アンティーク)時計


2012/06/07 (Thu) 20:26 |オメガ |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

時計工房スペースタイムズ

Author:時計工房スペースタイムズ
ヴィンテージ(アンティーク)ウォッチの修理・販売をしております小さな工房です。一級時計修理技能士の技術者自らが、内部機械の解説をまじえたヴィンテージ・ウォッチの魅力をお伝えします。
時計工房スペースタイムズHP

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。