FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

ヴィンテージ・ウォッチとは

「ヴィンテージ・ウォッチ(ヴィンテージ時計)」とは、おおよそ1920年代~1970年代に作られた機械式の時計(ゼンマイで動く時計)のことを言います。

日本では、ヴィンテージ・ウォッチのことをアンティーク・ウォッチ(アンティーク時計)とも言います。
一般にアンティークとは100年以上前の骨董品のことですが、日本では時計の場合特別で、1980年代に「アンティーク・ウォッチ・ブーム(1960年代以前の機械式腕時計をアンティーク・ウォッチと呼んだブーム)」が起こり、それ以来日本では、ヴィンテージ・ウォッチとそれ以前の時計全てをアンティーク・ウォッチと呼ぶようになったようです。

当方では、おおよそ1920年代~1970年代の時計をヴィンテージ・ウォッチと呼び、1920年以前の時計をアンティーク・ウォッチと呼び分けたいと思います。

vintagewatch1.jpg

ではなぜ1920年代~1970年代かというと、腕時計が一般に普及したのが第一次世界大戦後の1920年代からで、1970年代にクォーツ時計(水晶振動子の電池式時計)が普及し機械式時計の衰退(クオーツ・ショック)があったからです。
その間の1920年代~1970年代が、機械式腕時計の黄金期であったと言えます。
1970年代は微妙な時期で、クオーツ時計が急速に普及した時期ですが、機械式時計が円熟した時期でもあります。その為、当方では1970年代の機械式もヴィンテージに含めます。(一般的には1960年代までをヴィンテージとするところが多いようです。そして、それに対して1970年代と1980年代をクォーツ時計も含めた「モダン・ヴィンテージ」とする見方もあります。)

vintagewatch2.jpg

機械式時計はその後、1980年代後半にアンティーク・ウォッチ・ブームと相まって復興します。そして、現在でも高級時計の多くが機械式です。

しかし、ヴィンテージ・ウォッチと復興後の機械式時計は、全く意味合いが違うのではないかと思います。
ヴィンテージ・ウォッチの時代には、クオーツがまだ無い時代ですから、各社当時の技術の粋を集めて「機械式の精度や機構、実用性、ファッション性」を競い合い追求していたと思います。時計としての機能性が最重要視されました。
それに対して復興後の機械式時計は、より正確で安価なクォーツ時計がある上での「機械式時計への憧れ」だと思います。機械式時計があまりにも魅力的で価値がある為なくならず、ヴィンテージの頃に名をはせた時計ブランドや新しい時計ブランドが、進歩したコンピュータや工作機械を駆使し、さらに高度な機械式時計をコストパフォーマンスも高く作ったり、また、多くの工程を手作業で作る工芸品的な時計が作られたり、様々なアプローチから機械式にこだわった時計作りは続けられています。それはそれで機械式時計を愛する者としては、とても興味深いものです。しかし今の時代の機能性に即しているかどうかは疑問です。

「機能的なものは美しい」という言葉があります。ヴィンテージ・ウォッチは、当時真に機能的であったが故に、今美しく感じるのではないでしょうか。時計に限らずどんな物でも、(たとえその時代に売れなかったり一般化していなくても、)真に価値のあった物は後世に受け継がれていくものです。ヴィンテージ・ウォッチはその意味で、今もその価値が生きていると思います。

世界で最初の機械式時計は、13世紀におそらくイタリアで発明されたと言われています。初期の機械式時計は大変大きな装置でした。そして、精度と小型化と機能性の追求の歴史が約700年続き、20世紀まで絶えず進化してきました。時計全体の歴史で言えば、日時計や水時計やランプ時計などの後に機械式時計が発明され、機械式時計の次はクオーツになり、精度では原子時計、一般にはメンテナンスフリーのソーラー電波に進化しているのだと思います。
歴史的に見れば、「機械式時計の時代」はクォーツが一般化した時点で終わったのではないでしょうか。
そういった意味で、ヴィンテージ・ウォッチは「機械式時計の約700年の歴史の最終形(完成形)」になります。

vintagewatch3.jpg

ヴィンテージ・ウォッチの、歳月を経た風合いある文字盤や針、ケースは、ひとつとして同じ物はありません。
そして中身の機械、その美しいムーブメントに大変価値があり、年代によって変遷してゆく様にも面白みがあります。
また、適切なメンテナンスをすれば今でも実用に耐える点も魅力です。

時計好きが高じると、ヴィンテージ・ウォッチに行き着きます。

さあ一緒に、ヴィンテージ・ウォッチの冒険に出かけましょう!

時計工房スペースタイムズ
(代表)矢谷 孝誠
info@spacetimes.jp
http://www.spacetimes.jp/

スポンサーサイト
2012/03/31 (Sat) 14:33 |ヴィンテージ・ウォッチとは |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

時計工房スペースタイムズ

Author:時計工房スペースタイムズ
ヴィンテージ(アンティーク)ウォッチの修理・販売をしております小さな工房です。一級時計修理技能士の技術者自らが、内部機械の解説をまじえたヴィンテージ・ウォッチの魅力をお伝えします。
時計工房スペースタイムズHP

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。