FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

1930年代 ロンジン Cal.27.0 センターセコンド 18金無垢

1930年代製のロンジン、18金無垢ケースの3針センターセコンド・モデルです。

オリジナル文字盤は素晴らしいヴィンテージ・コンディション、針は鮮やかなブルースチールのリーフ針です。

20130902_longines_cal27o_18k01_blog.jpg

ムーブメントは、綺麗な金めっきが施されたCal.27.0というキャリバーになります。
この年代のロンジンのキャリバーは、設計も素晴らしく、作り込みも非常にいい、芸術品と言えると思います。

20130902_longines_cal27o_18k13_blog.jpg

完全オーバーホールを施し、丁寧に調整をすると、約80年という年月を超えて現代に蘇ります。

20130902_longines_cal27o_18k10_blog.jpg

下の画像はムーブメントの文字盤側で、こちらにも「LONGINES」と「シリアルNo.」の刻印が見られます。

20130902_longines_cal27o_18k11_blog.jpg

下の画像は文字盤の裏です。
通常のメーカーの文字盤は2本足なのですが、ロンジンの文字盤は3本足で、ムーブメントの横からのネジでしっかりと固定されています。
この年代のロンジンは、こういった見えない部分にまで作り込む、最高のマニュファクチュールだと思います。

20130902_longines_cal27o_18k12_blog.jpg

大変貴重な逸品をヤフーオークションに出品中です!

1930's ヴィンテージ ロンジン 18金無垢 オリジナル箱&保証書付

当方ホームページはこちら!

時計工房スペースタイムズ

スポンサーサイト
2013/09/25 (Wed) 23:31 |ロンジン |トラックバック(0) |コメント(1)

1950年代 ロンジン ヴィンテージ フライバック クロノグラフ Cal.30CH SSケース

ヴィンテージ・クロノグラフ最高の名機Cal.30CHを搭載した、1950年代のロンジン、ステンレススチール・モデルです。

20130205_30ch_ss001.jpg

ムーブメントの「LONGINES Cal.30CH」は、大変優れた設計のフライバック機構が備えられています。

フライバック(Flyback)機構とは、
通常のクロノグラフは2時位置ボタンでスタート・ストップし4時位置ボタンでリセットしますが、スタート状態ではリセットボタンは押せません。ところがフライバックは、スタート状態でリセットボタンを押すと瞬時に帰零し、ボタンを放した瞬間に再度スタートするという機構です。
フライバック機構を世界で始めて腕時計に採用したのがロンジンでした(Cal.13ZN)。

フライバックはもともとは、空軍パイロットのために開発されたもので、パイロットの方向転換ごとの飛行時間や着陸待ちの旋回時間の計測などを、素早く繰り返すことを目的にしたものでした。

通常のクロノグラフよりもムーブメントの構造が複雑ですので不具合も出やすい機構ですが、Cal.30CHは大変よく出来た設計でパーツの耐久性も高い為、約60年前のヴィンテージ・フライバックが今でもしっかりと機能します。

20130205_30ch_ss05.jpg

さらにCal.30CHには、機械式時計の心臓部であるテンプに優れた「耐震装置」が備えられています。

耐震装置(shock absorber)とは、
非常に細い天真(テンプの芯、balance staff)が、衝撃によって折れないように、天真を支えているルビーの「穴石」と「受け石」にバネ性を与えて天真折れを防ぐ機構です。この機構により画期的に天真折れが減りました。現行品の機械式時計に今でも採用されていて、メーカーによって形状や名称は様々です。

この耐震装置が、Cal.30CHでは、より繊細で高度な構造になっています。
下の画像中央の赤い石が受け石です。受け石にバネ性を持たせることで、垂直方向の衝撃をやわらげています。

20130205_30ch_ss11.jpg

そして、下の画像は受け石を外したところで、中央の赤い石が穴石です。石の中央には天真が入る穴が開いています。
この穴石の耐震装置が素晴らしいです。非常に繊細で高度な部分です。穴石のバネ性は水平方向の衝撃をやわらげています。

受け石と穴石は、ムーブメントの裏側にもほぼ同じものがあり、それぞれ(計4箇所)にバネ性を持たすことで、あらゆる方向からの衝撃を緩和しています。

20130205_30ch_ss12.jpg

下の画像が穴石とそのバネで、受け石を外しムーブメントを裏返すと、ポロッと落ちてくるパーツです。
非常に繊細な形状をしています。さすがロンジンです。

20130205_30ch_ss14.jpg

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

当方ホームページはこちら!

時計工房スペースタイムズ

2013/02/22 (Fri) 03:05 |ロンジン |トラックバック(0) |コメント(0)

1958年製 ロンジン 18KYG スモセコ

1958年製の18金無垢のロンジン、スモールセコンド・モデルです。

194longines01.jpg

ロンジン(LONGINES)の歴史は、1832年にオーギュスト・アガシ(Auguste Agassiz)がスイスのサン・ティミエにレギュル・ジュンヌ&アガシ商会を設立したことに始まります。そこでは、時計の部品を仕入れ、職人たちが組み立てるという製造方法が行われていました。

1852年にオーギュスト・アガシは、彼の甥であるアーネスト・フランシオン(Ernest Francillon)を後継者に指名し経営を任せました。
1867年、フランシオンはサン・ティミエ近郊に流れるシュズ河畔のロンジンという名の土地に時計工場を開きました。これがロンジンの正式なスタートで、社名はその地名に由来しています。ロンジンとは、フランスの古語で「小川の流れる花の咲き乱れる野原」という意味だそうです。

フランシオンの経営体制は、それまで方々に散らばっていた職人たちを一ヶ所に集め、工作機械を導入して自社工場内で一貫した量産体制を築くものでした。当時先進的な、近代工業化への第一歩でした。

1874年、ロンジンは、横行する偽物に対抗するため、翼と砂時計を組み合わせシンボライズした「翼の砂時計」のトレードマークを発表しました。翼は未来へはばたく時を、砂時計は過ぎ行く時を表現しています。
本品の文字盤や裏蓋内側にもあるトレードマークです。

194longines05.jpg

フランシオンの自社一貫製造体制は、1960年代まで続き、数多くの名品を世に放ちました。

本品もその一つで、ムーブメントは1953年初出のCal.19.4になります。全てのパーツの作りが非常に良く、安定したキャリバーです。
19.4mm径の小径キャリバーで、19800振動/時のチラネジ付きテンプに、耐震装置インカブロックが付き、2番車の上下にもルビーが入った17石で、3・4・5番車の穴石はシャトン留めされています。(シャトン留めとは、穴石を金枠で留めた方式のことで、元々は、穴石が割れた際に合う穴石が無い場合、違うサイズの穴石を入れるためのものでしたが、今日では装飾的要素になっています。)
Cal.19.4にはセンターセコンドのバージョンもあり、キャリバーNo.はCal.19.4Sになります。

194longines09.jpg

裏蓋には、「翼の砂時計」の刻印と18金無垢のホールマークがあります。

年代を考えますと、全体に非常に良いコンディションをキープしたヴィンテージ・ロンジンです。

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

ヴィンテージ(アンティーク)時計

2012/07/15 (Sun) 14:59 |ロンジン |トラックバック(0) |コメント(1)

1950年代 ロンジン クロノグラフ Cal.30CH

ヴィンテージ・クロノグラフの最高峰と言われるロンジン(Longines)のCal.30CHです。

30chlongines01.jpg

ムーブメントを内装、ムーブメント以外の文字盤やリューズやケースなどは全て外装と言います。1960年代頃までのロンジンは、内装・外装ともに非常に作りがいいです。細かなところまで丁寧に作り込んでいます。
センターのクロノグラフ針を見て下さい。根元が太くて緩やかなカーブを描いて先端まで延びています。また、9時位置のスモール秒針と3時位置の分積算針の形状も違うデザインにしていて、それぞれがとても愛らしい形をしています。
文字盤は焼けがあり、シミもあります。しかし、これがいいのです!
これがヴィンテージ・ウォッチの魅力なのです。二つとして同じものは無く、全て一点物なのです。

30chlongines05.jpg

1960年代頃までのロンジンはムーブメントを自社で製造していました。ムーブメントのCal.30CHは、素晴らしいの一言です。パーツの一つ一つまで丁寧に仕上げ(磨きのことを仕上げと言います)が施され、クロノグラフ・メカニズム・デザインの妙は唯一無二です。これを1947年から作っていたのですからすごいと思いませんか?
しかも作りがいいので、全ての機能が今でも機能します。
画像のやや左下にある8本の柱が立っているパーツがピラーホイール(pillar wheel)です。スタートボタンを押すとこのピラーホイールが一歯回転し、それぞれのパーツが作動することでクロノグラフがスタートします。

Cal.30CHが素晴らしいのは、フライバック機能も備えている点です。
フライバック機能(flyback function)とは、通常のクロノグラフではスタート状態ではリセットボタンを押せませんが、Cal.30CHではスタート状態でリセットボタン(フライバックボタン)を押すと、リセットしてすぐに再スタートします。この機能をフライバック機能と言います。

30chlongines09.jpg

上の画像は裏蓋の内側の画像です。裏蓋にもロンジンの刻印があります。
文字盤とムーブメントと裏蓋にメーカーの刻印があるものを、トリプル・サインドと言って、オリジナル性が高いということです。

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

ヴィンテージ(アンティーク)時計

2012/03/28 (Wed) 18:37 |ロンジン |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

時計工房スペースタイムズ

Author:時計工房スペースタイムズ
ヴィンテージ(アンティーク)ウォッチの修理・販売をしております小さな工房です。一級時計修理技能士の技術者自らが、内部機械の解説をまじえたヴィンテージ・ウォッチの魅力をお伝えします。
時計工房スペースタイムズHP

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。