スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

1960年代 ハミルトン estoril 自動巻き・デイト

1960年代のハミルトンのestorilという自動巻きモデルです。

64ahamilton01.jpg

ケースは10金の金張り、裏蓋はステンレススチールです。
金張り(Gold Filled)と金めっき(Gold Plated)は違います。金めっきは主に電気分解により金をミクロン単位の皮膜にしたもので、擦れることにより剥がれやすいです。一方、金張りは地金に金箔を貼り付けたもので、金めっきとは厚みが全く違い、金張りの方が格段に厚いです。そのため金張りは少々擦れたくらいでは剥がれません。

64ahamilton08.jpg

ハミルトンというメーカーは、アメリカのメーカーで、1892年にペンシルバニア州ランカスターに創設されました。当初から、アメリカの鉄道の発達と共に発展していきました。鉄道が発達すると、その運行のために正確な時計が求められたからです。当時はまだ懐中時計でした。

その後ハミルトンは、鉄道時計で培った技術をもとに、1910年代から腕時計を製造します。

本機は、ハミルトンが腕時計の発展の頂点にあたる1960年代に製造した時計になります。デイト表示を備え、自動巻きで巻上げる、スクリューバックの防水時計です。現在では当たり前の機能ですが、1960年代当時は最先端です。

64ahamilton05.jpg

ムーブメントも60年代を象徴しています。テンプはチラネジの無いスムーステンプになり(製造精度の向上によりチラネジの必要がなくなったからです)、キフショックという耐震装置が付き、2つの切替車で巻上げる近代的なオートマローターが付いています。

貴重な逸品をヤフーオークションに出品中です!

1960年代 ヴィンテージ ハミルトン estoril OH済み 1年保証!

スポンサーサイト
2012/06/17 (Sun) 20:17 |ハミルトン |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

時計工房スペースタイムズ

Author:時計工房スペースタイムズ
ヴィンテージ(アンティーク)ウォッチの修理・販売をしております小さな工房です。一級時計修理技能士の技術者自らが、内部機械の解説をまじえたヴィンテージ・ウォッチの魅力をお伝えします。
時計工房スペースタイムズHP

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。