FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

1940年代 アンジェラス クロノグラフ Cal.215

1940年代のアンジェラスの自社製キャリバーCal.215を搭載した2レジスター・クロノグラフです。

215angelus04.jpg

文字盤に年代相応の経年変化があり、ヴィンテージ感があります。
インデックスは夜光アラビック、分積算針はリーフ形をしています。

外周にはタキメーターとテレメーターを備えています。

タキメーターは、平均時速の計測ができます。例えば、1kmの距離を車で通過する時の平均時速を知りたい時、スタートと同時にクロノグラフを始動させ、1kmを通過した瞬間にストップボタンを押します。その時のクロノグラフ針が指すタキメーターの目盛りが平均時速になります。

テレメーターは、視覚的・聴覚的現象の距離を測定できます。例えば、雷が光った瞬間にスタートボタンを押し、音が観測者の耳に届いた時点でストップさせます。その時クロノグラフ針は、現象が起きた所から観測者までの距離を指します。

215angelus05.jpg

アンジェラスの自社製キャリバーCal.215の特徴は、クロノグラフのストップレバー(ストップ状態でクロノグラフ針を静止させるストッパー)が香箱真(ゼンマイが巻かれている芯)と同軸にある点です。そのため、クロノグラフでは珍しく、香箱(ゼンマイが入った箱)が見えています。
ピラーホイールを中心にしたクロノグラフ・デザインも素晴らしく、立体的なメカニズムは秀逸です。

年代を考えると状態は良く、オーバーホールを施すことで、クロノグラフも完全に動作しています。

215angelus09.jpg

裏蓋内側にも、「ANGELUS WATCH Co. SWISS」の刻印があります。

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

ヴィンテージ(アンティーク)時計

スポンサーサイト
2012/07/30 (Mon) 16:16 |アンジェラス |トラックバック(0) |コメント(0)

1940年代 アンジェラス クロノデイト

1940年代の名品、アンジェラスのクロノデイト(Chronotado)です。

217chronodato01.jpg

2レジスター・クロノグラフ(秒と分の積算ができるクロノグラフ)にトリプルカレンダーが付いた複雑時計です。
カレンダーの配置が独特で、12時位置に月表示、6時位置に曜日を配しています。外周にはポインターデイトを配し、かなり大振りのケースはとても存在感があります。クロノグラフとトリプルカレンダーのパーツにより、厚みもあります。

月表示は時計と連動しておらず、12時位置の早送りボタンで送ります。曜日と日付は時計と連動しており、9時位置の早送りボタンで曜日と日付が同時に早送りし、6時位置のボタンで曜日のみ早送りする設計になっています。
午後8時~午前2時頃は、曜日・日付の送りツメが噛み合っていますので、早送り禁止時間帯になります。
早送りボタンは小さく繊細ですので、ツマヨウジで押すのが一番です。キズも付きません。

217chronodato011.jpg

ムーブメントはアンジェラス自社製で、2レジスター・クロノグラフ・キャリバーCal.215をベースに、カレンダーモジュールを加えたCal.217になります。厚みを生かし、ヒゲゼンマイはブレゲ巻上げヒゲを採用しています。とても立体感のあるムーブメントです。

217chronodato05.jpg

カレンダーモジュールは文字盤側にあり、上の画像の左上の大きな歯車が24時間で一周します。その24時間車には突起があり、レバーを押し上げることで夜中12時頃に曜日と日付を同時に一歯送ります。

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

ヴィンテージ(アンティーク)時計

2012/07/18 (Wed) 18:41 |アンジェラス |トラックバック(0) |コメント(0)

1940年代 アンジェラス クロノグラフ Cal.215

1940年代のアンジェラス(Angelus)のクロノグラフです。

215ange01.jpg

1940年代のものですので文字盤に経年変化があり、魅惑的なヴィンテージ感をかもし出しています。

アンジェラスというメーカーは、現在ではあまり馴染みのないメーカーですが、ヴィンテージ・ウォッチの分野では大変重要な位置にあります。当時、クロノグラフのムーブメントを製造できる会社はそう多くはありませんでしたが、アンジェラスは数少ないそれらの会社の一つだからです。

アンジェラスは、1891年にスイスのル・ロックルに創業し、1914年にはベルンで開かれたスイス国際展示会でグランプリを獲得しました。そして、1942年に自社製造のクロノグラフ・ムーブメントを搭載した時計を世に放ちます。しかもそれは、クロノグラフに日付・曜日・月の表示を兼ね備えた複雑ムーブメントで、有名な「クロノデイト(Chronodato)」というモデルでした。

215ange05.jpg

そのムーブメントは、手間とコストのかかるピラーホイールを採用した素晴らしいムーブメントです。
本品は「クロノデイト」のベースになったキャリバーで、Cal.215になります。「クロノデイト」のキャリバーは、Cal.217になります。

011.jpg

上の画像はムーブメントの地板(じいたと読み、ムーブメントのメインプレートのことです)の文字盤側で、しっかりと「CAL.215」と刻印されています。

下の画像はオーバーホールの際のテンプ受けですが、経年変化によりメッキにかなりの変色が見られます。

012.jpg

適した研磨剤にてやさしく磨いてあげると、下のようにきれいになります。この時、磨き過ぎるとメッキまで剥がしてしまいますので注意が必要です。
手間がかかりますが、当方のオーバーホールでは、ただバラして洗って組むだけではなく、パーツ一つ一つをチェックし、そのパーツに最適なメンテナンスを施しオーバーホール作業を行っております。

013.jpg

SOLD OUT

ヤフーオークションにヴィンテージ・ウォッチを多数出品中です!

時計工房スペースタイムズの出品

2012/04/11 (Wed) 17:09 |アンジェラス |トラックバック(1) |コメント(0)

プロフィール

時計工房スペースタイムズ

Author:時計工房スペースタイムズ
ヴィンテージ(アンティーク)ウォッチの修理・販売をしております小さな工房です。一級時計修理技能士の技術者自らが、内部機械の解説をまじえたヴィンテージ・ウォッチの魅力をお伝えします。
時計工房スペースタイムズHP

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。